FrontPage

Last-modified: 2013-04-22 (月) 11:52:33

バイアグラとは

「バイアグラ」とはファイザー社の商品名(商標)で、一般名(成分名)はクエン酸シルデナフィルという。もともとは狭心症の薬として開発された。

 ところが、本来の狭心症薬としては軽い作用しかなかったのだが、服用者の中に副作用として勃起障害が治ったという人が現れ、EDの治療薬として注目されるようになった。

 そして、プラセボ(偽薬)との無作為の比較試験によってその有効性が証明され、初の経口勃起不全治療薬となったものである。

バイアグラの効能

アメリカでは、バイアグラによって82%で勃起の改善が認められ、性交機会の66%で満足な性交が得られたと報告されている。この結果は、それまでのEDに対する内服薬の有効性を大きく上回っている。

しかし、バイアグラが無効な例も見られる。その原因には、性的刺激の不足やストレスが多く、大脳の性中枢が興奮しない場合や器質的要因が強い場合などが考えられる。

バイアグラが効くしくみ

「勃起をコントロールする情報伝達系の作用」

 ①性的興奮が起こると、陰茎海綿体にある神経と海綿体内皮細胞においてL-アルギニン(アミノ酸の一種)から一酸化窒素(NO)が合成・放出される。
 ②NOが海綿体の細胞内に入ると、酵素の一種であるグアニル酸シクラーゼが活性化され、情報のメッセンジャーであるサイクリックGMP(cGMP)がつくられる。
 ③すると、細胞内のカルシウムレベルが下がり、海綿体平滑筋を弛緩させる。
 ④その結果、動脈血が海綿体洞に流れ込み、同時に流れ出す血液の量が減って海綿体内圧が上昇し、勃起が生じる。
 ⑤cGMPは、陰茎海綿体に豊富にある酵素であるホスホジエステラーゼ5(PDE5)によって分解される。その結果、海綿体平滑筋が収縮して動脈血の流れ込みが減少すると共に、流れ出し血液が増え、内圧が下がって勃起が消失する。

EDの患者は、さまざまな理由によってNOの放出が少なくなっているため、cGMPが十分にたまらず、勃起とその維持が困難になっている。バイアグラは、このcGMPを分解するホスホジエステラーゼ(PDE5)の働きを阻む薬である。

EDの患者にバイアグラを投与すると、cGMPの分解が抑えられるので海綿体平滑筋の中に次第にcGMPの分解がたまり、平滑筋が弛緩して勃起が起こる。

このようにバイアグラは、自然な勃起のプロセスの中で効果を示す薬である。禁忌はあるものの、バイアグラがかなり安全性の高い薬であるのはこのためである。

ただし、効果のしくみから見てもわかるようにバイアグラは精力をつけたり性欲を起こす薬ではない。性的な刺激を受けて興奮して初めて効果のある薬である。

バイアグラの副作用

一般的なバイアグラの副作用は、頭痛・顔面紅潮・胃部不快・鼻閉・視覚異常などがあげられる。視覚異常とは、ものが一時的に青く見える「青視症」などである。

 また少数とはいえ、バイアグラを内服し死亡した例もある。こうした死亡例をみると、高血圧、高脂血圧、タバコ、糖尿病、肥満、心疾患の既往など1つ以上もっていた例が圧倒的に多く、硝酸薬の併用の例もあった。最近ではインターネットなどで一般にバイアグラが購入できるルートが存在するが、バイアグラの使用にあたっては、しっかりした処方基準を守ることが重要である。

バイアグラのリンク

バイアグラの個人輸入代行 バイアグラ激安店[外部リンク]

商品は100%正規品、秘密厳守、到着100保証!

URL:http://www.viagra-baiagura.com/[外部リンク]